GONTITI

PROFILETITLE
ゴンチチ

GONTITI

 GONTITI(ゴンチチ)は、ゴンザレス三上とチチ松村によるインストゥルメンタル・アコースティック・ギターデュオ。1978年結成、1983年デビュー。 彼らの創り出すシンプルで優しいメロディーは、聴く人、聴く場所、聴く時間を選びません。 様々なシチュエーションに自然にマッチするゴンチチサウンドは、TVやラジオ、CM、映画音楽等、日々の我々の身の周りで聴くことが出来ます。 まさに彼らの音楽は、「Very Special Ordinary Music」(直訳すると「とても特別な、日々の音楽」)であり、何時しか人々の心に自然に溶け込み、年齢・性別を問わない幅広い人々に愛好されるようになりました。 現在まで制作したアルバムは40枚を超え、10数枚のアルバムは全米、アジア他でも発売されています。
 また、1992年には竹中直人監督・主演の映画「無能の人」のサウンドプロデュースを手掛け、日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞。 近年では、ミリオンセラーを記録したコンピレーション・アルバム「image」シリーズに収録され、同ツアーに参加するなど多くの話題を集め、2003年より、その収録曲であった「放課後の音楽室」が高校音楽教科書「音楽2」に掲載。 以降、2004年カンヌ国際映画祭で史上最年少・最優秀男優賞を受賞した作品「誰も知らない」(監督:是枝裕和)や、2008年公開の同監督(是枝裕和)映画「歩いても 歩いても」で音楽を担当し、同サウンドトラックもリリースされています。
 2008年8月6日には結成30周年記念アルバム「VSOD -very special ordinary days-」をリリース。2010年には20年ぶりのクリスマスアルバムをリリースする等、現在も変わらず精力的に音楽制作を行っています。
 一方、ゴンチチの活動は音楽だけではありません。ラジオ・パーソナリティーをつとめたり、CM出演など、その活動は多岐にわたっています。チチ松村はエッセイなどの執筆活動にも定評があり、これまで14冊の著書を上梓しています。ゴンザレス三上もCGやグラフィックデザインの分野で独自の活動を繰り広げており、ゴンチチのアルバムジャケットデザインも自ら手掛けるなど、それぞれの活動も幅広いものになってきています。
 このようにゴンチチは、音楽はもちろん、そのキャラクターや表現活動も含めて、非常に注目を集める存在となっているのです。
 
ゴンザレス三上

GONZALEZ MIKAMI

1953年大阪生まれ。
小学校6年生からギターを始める。
ゴンチチ以外にもさまざまなアーティストのレコーディングやライブなどにゲスト参加している。
また、CGやグラフィックデザインの分野でも独自の活動を展開。
ゴンチチのアルバムジャケットのデザインも手掛けている。
著書に『犬と暮らす人の生活』(メディアファクトリー)がある。
近年は「ちくわぶ友の会」というおでんの具材”ちくわぶ”の愛好会を主宰するも、 その実態は明らかではない。
チチ松村

TITI MATSUMURA

1954年大阪生まれ。
10代後半から音楽活動を始め、ソロアーティストとして関西で活躍。
ゴンチチ結成以降は、音楽活動の傍らエッセイ等の執筆も行い、 『わたしはクラゲになりたい/河出書房新社』『ゴミを宝に/光文社』 『それゆけ茶人/廣済堂出版』『緑の性格/新潮社』 『盲目の音楽家を捜して/メディアファクトリー』など、 これまでに14冊の著書を上梓している。
一方、自らを「茶人」を称し、風流な生活を実践。
「変な物好き」としても広く知られている。